藤原美術研究所のホームページタイトル

HOME | 土曜教室

子供の絵(土曜教室)2〜5時、月3回です。

上野の森にアトリエを作ってから、森が持っているセラピー効果を活かし、一方では近年ユニークな展示を企画されている大分市美術館が直ぐ側にあるので、この環境を活かして気軽に本物の芸術に触れさせてあげたいと思っています。すべての事柄に共通しているのは、体験をした事を表現するようにしています。


最近の土曜日の様子です。

 土曜日の教室は、休日の午後をフルに使って上野の森を散策したり、大分市美術館に行って関心のある絵をじっくりと見てみたりして日頃から美術に興味を持ってほしいと持っています。比較的人数が多い為に上級生と下級生のコミュニケーションを取る事も大事にしながら進めています。

台風で森にはどんぐりがいっぱい

台風で森にはどんぐりがいっぱい

これでコマを作る事に

これでコマを作る事に

一度ゆでて、ドリルで穴を

一度ゆでて、ドリルで穴を

ライフジャケット、ヘルメットを着けて川の中に

ライフジャケット、ヘルメットを着けて川の中に

ライフジャケット、ヘルメットを着けて川の中に

ライフジャケット、ヘルメットを着けて川の中に

親子で、岩の上からダイブ

親子で、岩の上からダイブ

親子でカヌー体験。

親子でカヌー体験。

子供を乗せてラフティング体験

子供を乗せてラフティング体験

網を使って小さい魚が捕れました。

網を使って小さい魚が捕れました。

最後は、岸から魚釣り。

最後は、岸から魚釣り。

水曜組に続いて、土曜組もザリガニ取りに行きたがります。

水曜組に続いて、土曜組もザリガニ取りに行きたがります。

大きいザリガニから、小さいザリガニまで捕れて粘土で作ってみます。

大きいザリガニから、小さいザリガニまで捕れて粘土で作ってみます。

小さいけどよく観察しています。

小さいけどよく観察しています。

動き出す様に見ています。

今にも動き出す様に見ています。

お腹の方をしっかり見ています。

お腹の方をしっかり見ています。

ハサミがリアルです

ハサミがリアルです

二つのますを作って、片方に「暑い色」もう一方に「寒い色」を好きにおいて行きます。

二つのますを作って、片方に「暑い色」もう一方に「寒い色」を好きにおいて行きます。

二つのますを作って、片方に「暑い色」もう一方に「寒い色」を好きにおいて行きます。

二つのますを作って、片方に「暑い色」もう一方に「寒い色」を好きにおいて行きます。

二つのますを作って、片方に「暑い色」もう一方に「寒い色」を好きにおいて行きます。

二つのますを作って、片方に「暑い色」もう一方に「寒い色」を好きにおいて行きます。

2時間半かかって、自分の作品の感想を一人一人が行います。

2時間半かかって、自分の作品の感想を一人一人が行います。

まず、先週使った竹を箸の長さにノコで切ります。

まず、先週使った竹を箸の長さにノコで切ります。

次に箸の大きさに割ります。

次に箸の大きさに割ります。

長さと大きさをそろえたら、ナイフを使って削り出します。

長さと大きさをそろえたら、ナイフを使って削り出します。

長さと大きさをそろえたら、ナイフを使って削り出します。

切り出しナイフを使って少しずつ削っています。

2時間ほどかかって、やっと完成。

2時間ほどかかって、やっと完成。

二つに割った竹の節を金槌で取り払います。

二つに割った竹の節を金槌で取り払います。

こちらは、ソーメン作りチーム

こちらは、ソーメン作りチーム

こちらは、アトリエで薄焼き卵を作ります。

こちらは、アトリエで薄焼き卵を作ります。

支度は出来ました。

支度は出来ました。

こちらは、ネギを切っています。

こちらは、ネギを切っています。

いろんなものが流れてきます。

いろんなものが流れてきます。

雨が上がって公園に出かけてみました。

雨が上がって公園に出かけてみました。

アトリエに帰って、大分市美術館内のサインデザインを考えてみました。

アトリエに帰って、大分市美術館内のサインデザインを考えてみました。

しっかり考えて描いています。

しっかり考えて描いています。

一気に描きました。

一気に描きました。

好きにやっています。

好きにやっています。

余った時間は、人物クロッキー

余った時間は、人物クロッキー

今日は、雨の日の傘のデザイン。

今日は、雨の日の傘のデザイン。

結構好きにやっています。

結構好きにやっています。

完成でーす

完成でーす

こっちもカンセーイ

こっちもカンセーイ

今日は完成したステージで、ご父兄をお呼びして紙芝居の発表会です。

今日は完成したステージで、ご父兄をお呼びして紙芝居の発表会です。

ご父兄も、雨の中を駆けつけていただきました。

ご父兄も、雨の中を駆けつけていただきました。

緊張しながらも、自分らしくしっかりと自分の言葉で話しているところが微笑ましいです。

緊張しながらも、自分らしくしっかりと自分の言葉で話しているところが微笑ましいです。

ステージ正面です。場面が変わるごとにそれを描いた本人が手に持ったセリフを大きな声で語ります。

ステージ正面です。場面が変わるごとにそれを描いた本人が手に持ったセリフを大きな声で語ります。

「野いちごジャムが出来るまで」をやってくれたメンバー全員です。

「野いちごジャムが出来るまで」をやってくれたメンバー全員です。

紙芝居のステージ横のカーテンが、Fさんに手伝ってもらいながら子ども達も協力して作り上げます。

紙芝居のステージ横のカーテンが、Fさんに手伝ってもらいながら子ども達も協力して作り上げます。

カーテンの縁に折り目を付ける作業です。

カーテンの縁に折り目を付ける作業です。

完成したステージです。横には膨らみを持たせ、前は開いて紐で止めています。

完成したステージです。横には膨らみを持たせ、前は開いて紐で止めています。

水曜日のお母さんたちの手で完成したステージ前面のカーテンです。

水曜日のお母さんたちの手で完成したステージ前面のカーテンです。

招待状のポストカード作りです。

招待状のポストカード作りです。

完成したポストカードです。

完成したポストカードです。

紙芝居の仕上げは、最終段階です。

紙芝居の仕上げは、最終段階です。

先週運動会で休んだ組は、今日が仕上げです。

先週運動会で休んだ組は、今日が仕上げです。

紙芝居の練習は、描いた人がそれぞれ自分のシーンを読み上げて行きます。

紙芝居の練習は、描いた人がそれぞれ自分のシーンを読み上げて行きます。

ちょっと息抜きに、森に出かけて、、

ちょっと息抜きに、森に出かけて、、

畑でとれたビワをいただきます。

畑でとれたビワをいただきます。

おやつの後は、先週に続き紙芝居に取り組みます。

おやつの後は、先週に続き紙芝居に取り組みます。

みんなが描いたシーンを並べてみて、つながりが出来ているかを確認します。

みんなが描いたシーンを並べてみて、つながりが出来ているかを確認します。

焼いたパンに先週作ったジャムをぬって食べます。

焼いたパンに先週作ったジャムをぬって食べます。

自分のパンを真剣に焼いています。

自分のパンを真剣に焼いています。

だんだんイメージや雰囲気がつかめてきたようです。

だんだんイメージや雰囲気がつかめてきたようです。

時々こうして、セットに入れてメリハリを見てみます。

時々こうして、セットに入れてメリハリを見てみます。

みんなも真剣に取り組んでいます

みんなも真剣に取り組んでいます

裏山の森に入り、いちごを探す

裏山の森に入り、いちごを探す

少しづつ採れてきました。

少しづつ採れてきました。

集めてみました

集めてみました

250g程度になったようです。

250g程度になったようです。

調理場でいちごを洗ったり、煮詰めたり

調理場でいちごを洗ったり、煮詰めたり

みんな真剣です。

みんな真剣です。

こうして一つかみの野いちごジャムが完成。

こうして一つかみの野いちごジャムが完成。


直ぐに上まで到達してしまいました。

直ぐに上まで到達してしまいました。

丘に上がって、自然の中でクロッキーで人物ポーズをやってみました。

丘に上がって、自然の中でクロッキーで人物ポーズをやってみました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

完成した絵でお気に入りのクロッキーを一枚手に持ってもらいました。

こんな機会もないと思い子ども達と共同で、この場所にステージを作る事にしました。

こんな機会もないと思い子ども達と共同で、この場所にステージを作る事にしました。

とうとう梯子に上って一番上まで行ってしまいました。何かにとりつかれた様にやっているのを見ていると、子供体ti-to-の中に創作に対する意欲が眠っているのを感じてしまいます。

ちょっと気分転換に散歩。

eくんはすでに出来上がり。

eくんはすでに出来上がり。