藤原美術研究所のホームページタイトル

HOME | 画 材

 子供の絵には、この画材を使います。

1,固形絵具を使って1回1回チューブから出さずに思いついたら直ぐに色を使えるのが特徴です。
2,水彩専用の大きな筆で、絵が小さくならないようにしています。
3,墨汁が出てくる「筆ペン」を使って大きく力強い表現が出来るようにしました。
4,クロッキー帳を用意して、思いついた事を直ぐにのびのび描けるようにしました。
5,大きなスケッチブックで、裏表がしっかりしていて野外での制作も平気です。5,000円前後
子供の絵、水曜、土曜1時コース、土曜3時コース共にこの画材を使います。

子供の絵、水曜、土曜1時コース、土曜3時コース共にこの画材を使います。価格は6,000円前後です。


発色の良い固形絵具を使ってのびのびと描くことが出来ます。

発色の良い固形絵具を使ってのびのびと描くことが出来ます。

基礎コース用の道具です。

写真は「基礎コース」の道具1式です。5,000円程度

写真は「基礎コース」の道具1式です。5,000円程度


アクリル絵具は、描いた後に乾燥すればしっかりとした画面になります。

アクリル絵具は、描いた後に乾燥すればしっかりとした画面になります。


特徴としては
1,基礎コースの道具は、アクリル絵具を使うことで絵を描いたりデザインをしたりする事が可能で、油絵のような使い方も可能です。
2,専用の筆を3本そろえて基本的な事が出来るようにしました。
3,鉛筆、練りゴム、カッターをそろえて自分で程よい描き心地を選べるようにしました。
4,しっかりしたスケッチブックと、クロッキー帳も付けて、幅広い表現が出来るようにした。
 
 

 
 
入会後の道具その他

入会時に各自の道具入れを用意し、時々の完成した作品や、様子は一人一人に用意したUSBにまとめて退会時に画材と共にお渡しします。
入会後の一人一人の作品や、時々の様子は、このUSBに入れて保管し、退会時にお渡しします。

入会後の一人一人の作品や、時々の様子は、このUSBに入れて保管し、退会時にお渡しします。


入会後は、このようにすべての道具をこの箱に入れて保管します。

入会後は、このようにすべての道具をこの箱に入れて保管します。


曜日ごとに保管しているラックです。

曜日ごとに保管しているラックです。